ビタミンB群の本来持つ8つの効果|摂取するメリットとは?

ビタミンB群!よく聞いたことがあると思いますが、実際の効果って知っていますか?

ビタミンB群は8つのビタミン群が助け合いながら個々のビタミンの本来の働きが最大に発揮する栄養素!
主に、常に疲労気味、不規則な生活習慣、長年の偏食習慣などなど、最も不足しやすい栄養素の一つであります。

ここでは、ビタミンB群の8つの効果と摂取するメリット、超コスパのビタミンB群に特化したサプリメントのご紹介など、日本ニュートリション協会公認のサプリメントアドバイザーが解説しています。

このページをきっかけに、アクティブなライフスタイルを!

【スポンサードリンク】


ビタミンB群の8つの効果

ビタミンB1
脳と神経を正常に働かせる為に使われるビタミン。精製食品、加工食品の摂りすぎによる食習慣が原因で欠乏になりやすいです。欠乏しますと、キレやすい、うつ病、神経炎など招きます。

ビタミンB2
脂肪とタンパク質の代謝に関わるビタミン。高脂肪の食事でどんどんと消費されます。欠乏しますと、肌や脳の老化が早まります。

ナイアシン(ビタミンB3)
消化器系の健康促進、糖質、脂質の代謝促進、中性脂肪、コレストロール減少など

パントテン酸(ビタミンB5)
副腎ホルモンの合成、善玉コレストロールを増やす

ビタミンB6
タンパク質の形成、性欲増進、毒物解毒作用、精神安定とさまざまな働きに関わります。特に食品添加物を含む食材ばかり食すと消費しやすく、欠乏しますと、脂肪肝、動脈硬化、就寝時に脚がつるといった症状がでます。

ビオチン(ビタミンB7)
三大栄養素である糖質、脂質、タンパク質の代謝される過程で、酵素の働きを助ける補酵素的役目を果たします。皮膚や髪の毛を健康に保ったり、アトピー性皮膚炎の方にも有効なビタミン。

葉酸(ビタミンB9)
細胞の分裂や細胞の生まれ変わりに関わっているビタミン。細胞増殖が盛んな胎児に必須栄養素。妊娠初期には必須栄養素。さらに、赤血球をつくるのに欠かせないビタミン。貧血になりやすい方にもオススメ。

ビタミンB12
赤血球の形成と再生を促し、細胞の代謝を促進しているビタミン。特にダイエットをされている方、胃の手術をされた方には絶対的に不足するビタミンで、欠乏しますと、脳障害、老人ボケなどの脳や神経の老化を早めてしまいます。

ビタミンB群は、8種類のビタミンが存在し、個々のビタミンが助け合いながら役目を発揮するので、ビタミンは個々で摂取するよりも、セットで摂取することで、本来の働きを充分発揮します。

ビタミンB群はこんな人にオススメ

・ストレスが多い方
・不規則な生活習慣が続いてる
・偏食習慣
・ダイエットをされている方
・疲労が抜けない方
・しっかり寝ても眠りが浅い方

特に偏食習慣の方はビタミンB群はサプリがオススメ!

普段の食生活が店屋物ばかり食べている方こそ、ビタミンB群をサプリメントで摂取することをオススメします。店屋物やファストフードばかり食べていると、肥満どころか、無駄なカロリーばかり蓄積され、疲労がたまる一方、結局ストレスの原因となります。

しっかりカロリーは摂取出来ているので、それらの栄養素をしっかり消化してくれるビタミンB群をサプリメントで摂取することが体内のビタミンB群を枯渇させないコツ!であります。

【スポンサードリンク】


オススメの超コスパビタミンB群サプリメント

アメリカでは、メジャーなサプリメント大手ブランド「NOW社」のB‐100
ここまでの品質で、この価格!日本のサプリメントでは現状ありません>>1日18.4円
B‐100は、ビタミンB群8種類+ビタミン様物質コリン、イノシトール、PABA(パラアミノ安息香酸)が含まれ、ダイエット目的でも断然有りなサプリメントです。

タイムリリース型ですので、ゆっくり体内で溶けてくれます。飲み忘れの方にはオススメです。

>>NOW社ビタミンB群公式サイト|口コミ多数有

ビタミンB6の働きや効果と1日の摂取基準量は?

ビタミンB6は皮膚炎を予防する事で発見された水溶性のビタミンです。

ピリドキシン、ビリドキサール、ピリドキサミンの3種類を総称して「ビタミンB6」と呼ばれています。

ビタミンB6は、タンパク質代謝に不可欠なビタミンですので、筋トレやスポーツをされている方で、タンパク質を多めに摂取されている方は必要量も多くなります。タンパク質単体では吸収率が悪いので、ビタミンB6の助けも必要です。

このページでは、水溶性ビタミンである、ビタミンB6の働き、効果、1日の必須摂取量をサプリメントアドバイザーが解説しています。

【スポンサードリンク】


ビタミンB6の働き

・たんぱく質代謝

・脂質の代謝

・赤血球のヘモグロビンの合成に関与

・インスリンの合成に関与

・免疫機能を正常に維持する

・皮膚、髪、歯など健康を保つ

・発育促進

和食離れが進んでいる昨今、食の欧米化、偏食習慣が続くことで、体の代謝機能は低下していくばかりです。代謝機能が低下してしまう事は、体内に毒素が溜まりやすい環境を自ら作っていることになり、肥満になりやすかったり、免疫機能の低下が挙げられます。

30歳を超えると、代謝機能も徐々に低下してくるので、食生活習慣の見直しや積極的にビタミンB群のサプリメントを利用して代謝アップを維持することが大切です。

代謝アップすることで、脂肪が燃えやすかったり、毒素を抱え込まなかったり、気分的にもリフレッシュ出来たりなど・・・メリットは沢山ございます。

ビタミンB6はこんな人にオススメ!

・外食が多い、偏食習慣

・肉料理が大好き

・発育期の子供

・妊婦、授乳婦

・虫歯になりやすい

・アルコール習慣の方

・口内炎、舌炎になりやすい

・アレルギー体質

・脂肪肝が気になる

ビタミンB6の補給方法と1日の摂取量基準

・成人男性:1.4mg/日

・成人女性:1.1mg/日

・耐用上限量:40~60mg

※注意!

・長期間、耐用上限量を超えた摂取をしますと、過剰症の危険性がございます。感覚神経障害、末梢感覚神経障害、精子数の減少などを起こすことが知られています。サプリメントで摂取される場合も、耐用上限量を把握したうえで摂取されることが大切です。

・長期間の抗生物質を服用されている方は、腸内細菌の成長が妨げられ、欠乏症を招く場合もございます。

ビタミンB6は、牛レバー、豚もも肉、青魚に豊富に含まれています。ただ、食材からの摂取が難しい場合は、ビタミンB群のマルチビタミンタイプのサプリメントを習慣に摂取することをオススメします。

サプリメントで始める場合は、まずは3ヶ月続ける事が必要です。

【スポンサードリンク】


ビタミンB2の働きや効果と1日の摂取基準量は?

ビタミンB2は、レバーやウナギ、乳製品に多く含まれる水溶性のビタミンで、ビタミンB群の仲間でございます。特に、成長促進作用を持つことで、成長期のお子様にも有効な栄養素です。

腸内細菌でも体内で合成されますが、偏食やジャンクフードなど和食離れの方には不足気味の栄養素として挙げられます。

このページでは、ビタミンB群の一種であります、ビタミンB2の働き、効能、補給方法をサプリメントアドバイザーが解説しています。

【スポンサードリンク】


ビタミンB2の働き

・成長促進作用

・脂質、糖質の代謝(ダイエットに有効)

・健康な皮膚、髪、爪をつくる

・粘膜を保護

・抗酸化作用(体内の酸化を防ぐ)

・細胞の再生やエネルギーの代謝を助ける

成長促進作用の他、皮膚、粘膜の発育、機能維持との深いかかわりを持っています。さらに、抗酸化作用があり、ビタミンC、Eと同様に、過酸化脂質の分解作用を持つので、ダイエットやコレストロール解消にも有効と言えるビタミンです。

こんな人は不足しやすい!!

ビタミンB2が不足しますと、唇、舌、目などの粘膜にトラブルが起きやすいです。特に成長期の子供の場合、成長が止まってしまうこともございます。特に、ジャンクフードやファストフードなどの脂質が多い食品をメインに食べられている方は、ビタミンB2は不足しやすいです。

こんな人にオススメ!

・口内炎、舌炎、口唇炎になりやすい

・動脈硬化予防

・白内障予防

・糖尿病

・脂肪肝

・眼精疲労

・脂肪の摂取が多い

・肌荒れ、髪がパサつきやすい

・ストレスが多い

・ダイエットしたい

・妊婦、授乳婦

特に、和食離れが進んんでいる現在に必要な栄養素であります。日ごろから、付き合いや時間短縮のため、偏食で済まされている方は積極的に摂取していただきたいです。

ビタミンB2の補給方法と1日の摂取量基準

補給される前に、1日の摂取基準を知って頂きましょう!摂取基準が設けられていますが、水溶性のビタミンのため、多量に摂取しても、速やかに尿中に排泄されますので、過剰症の心配はございません。

・成人男性:1.3~1.6mg/日

・成人女性:1.0~1.2mg /日

ビタミンB2には、豚、牛、鶏レバー、アーモンド、モロヘイヤなどに多く含まれています。ただ、熱に弱かったり、煮汁で流されてしまったりするケースもございます。生活習慣病予防や体質改善の目的である場合は、ビタミンB群のサプリメントから摂取することをオススメします。

【スポンサードリンク】