マンガンの6つの働き!摂取方法!

マンガンの働き

 

マンガンは、肝臓、すい臓、毛髪に多く存在するミネラルです。

 

 

マンガンの大量摂取が有害とされていますが、微量のマンガンは必要不可欠の成分です。

 

 

こちらでは、マンガンの6つの働きや摂取方法、1日の摂取量をサプリメントアドバイザーが解説しています。

 

 

【スポンサードリンク】

 

マンガンの6つの働き

 

マンガンの働き

 

  1. 細胞の活力を高める
  2. タンパク質の合成やエネルギー作りに関与
  3. 細胞の表面を保護
  4. 骨の形成、肝臓や骨の酵素作用を活性化
  5. 疲労、イライラを和らげ、記憶力を増進
  6. 生殖機能低下を防止する

 

マンガンは、細胞膜を酸化から守ることと、糖質、脂質、タンパク質の代謝やエネルギーにも変換してくれます。

 

さらに、消化促進作用、肝機能改善、筋肉、骨、神経を強くする働きもございます。

 

骨の形成には、カルシウム、リンの他、ミネラルやビタミンも関わっているほか、マンガンも関わっている一つでもあります。

 

 

マンガンはこんな人にオススメ

 

マンガンの働き

 

  • インスタント食品をよく食べる
  • 骨粗鬆症予防
  • 糖尿病予防
  • 記憶力高めたい
  • 疲れが抜けない

 

マンガンの摂取方法

 

マンガンは主に、植物性食品に多く含まれています。

 

通常な食生活をしていれば、不足する心配はいりませんが、偏食気味、外食が多い方はサプリメントからの補給が大切です。

 

 

まずは、1日の摂取基準を把握しましょう。


 

 

成人男性:4.0mg/日

 

成人女性:3.5mg/日

 

耐用上限量:11mg/日

 

サプリメントを選ぶ際には、上記の摂取量をベースに選んでくださいね。

 

【スポンサードリンク】