モリブデンの5つの働き!摂取方法!

モリブデンの働き

 

 

モリブデンは肝臓や腎臓で、硝酸や亜硫酸還元酵素、アセトアルデヒド酸化酵素などの、いくつかの酵素の働きを助けている微量元素です。

 

 

 

通常の食生活をしていれば、欠乏症になるケースはございませんが、まれに不足してしまうと、頻脈、頭痛、夜盲症などの症状が見られるようになります。

 

 

 

こちらでは、モリブデンの5つの働きや摂取方法についてサプリメントアドバイザーが解説しています。

 

【スポンサードリンク】

 

モリブデンの5つの働き

 

モリブデンの働き

 

  1. 肝臓や腎臓の酵素の働きを助ける
  2. 糖質、脂質の代謝を助ける
  3. 銅の排出を増大
  4. 神経を正常に保つ
  5. 造血作用

 

その他の働きは、尿酸の生成に関係する酸化酵素の成分として働き、薬や異物の代謝の働きにも関与しています。

 

モリブデンはこんな人にオススメ

 

モリブデンの働き

 

  • 疲れやすい、疲労が抜けない
  • 加工食品を多く食べている方
  • 飲酒、喫煙習慣

 

 

モリブデンの摂取方法

 

 

モリブデンの働き

 

モリブデンは主に、豆類、レバー、穀類、乳製品に多く含まれています。

 

通常な食生活をしていれば、不足する心配はいりませんが、偏食気味、外食が多い、飲酒、喫煙習慣をされている方は、サプリメントからの補給も大切です。

 

 

まずは、1日の摂取基準を把握しましょう。


 

成人男性:25〜30μg/日

 

成人女性:20〜25μg/日

 

耐用上限量:450〜600μg/日

 

【スポンサードリンク】