ニッケルの3つの働き!摂取方法!

ニッケルの働き

 

ニッケルは不足になりやすい微量元素(ミネラル)ではありませんが、酸素を構成するなど体内に必須なミネラルです。

 

 

こちらでは、ニッケルの3つの働きや摂取方法をサプリメントアドバイザーが解説しています。

 

【スポンサードリンク】

 

ニッケルの3つの働き

 

ニッケルの働き

 

1、尿素の分解を促進

尿素はタンパク質が代謝されるさいに生じる物質です。
不要となった尿素は有害なアンモニアとなり、アンモニアは肝臓の肝細胞に存在する「尿素回路」という部分で無毒にされ、排泄されます。
よって、ニッケルが尿素を分解することで、体に有害なアンモニアを残さない働きをもっています。

 

 

2、鉄の吸収を促進

ニッケルは鉄の吸収を促進する働きがあります。
鉄の吸収が促進されることで、肺から吸った酸素が赤血球のヘモグロビンによって酸素が運ばれます。
全身に酸素が行き渡ることで、細胞が活性化され、成長促進、免疫力のアップにつながります。
鉄の吸収を促進することから、冷え性や貧血気味の方にも必須ミネラルです。
大豆、インゲン豆などの豆類にニッケルは豊富に含まれています。

 

 

3、核酸の安定化

核酸とは、人間の核の部分「DNA」です。
DNAが安定することで、細胞の修復、成長促進、細胞の活性化が挙げられます。
反対にDNAが乱れてしまうと、細胞の修復が極端に遅かったり、肉体が壊れる原因にもつながり、最悪は、ガンになりやすい体質となってしまいます。

 

ニッケルの摂取方法

 

 

バランスよい栄養素の食生活を送っていればニッケルは不足する心配はありません。


 

ニッケルの働き

 

食品では、豆類に多く含まれています。

 

日ごろから、鉄のサプリメントを飲まれている方は、豆類も意識して摂取する事で、鉄の吸収もスムーズになります。

 

ニッケルはこんな人にオススメ!

 

ニッケルの働き

 

  • 成長期のお子様は成長促進のために
  • 新陳代謝が低下しやすい高齢者、細胞の活性化でガン予防

 

【スポンサードリンク】