コリンで体質改善!コリンの1日の摂取目安と効果は?

コリンはビタミンの働きに似た物質ですので、ビタミン様物質に分けられる栄養素!
コリンは、血管を拡張させ、血圧を下げるアセチルコリンの材料となります。

また、細胞膜などの生体膜、脳や神経組織を構成するリン脂質である、レシチンをつくります。コリンは中高年に多い、生活習慣病予防にピッタリな栄養素です。

このページでは、ビタミン様物質であります、コリンの働き、摂取目安をサプリメントアドバイザーが解説しています。

【スポンサードリンク】


コリンの働き

・血管を拡張させる作用を持つ、アセチルコリンをつくる

・血管を拡張することで、血圧低下

・血管壁のコレストロールの沈着を防ぐ

・肝臓に脂肪がたまらないように働くレシチンをつくる

・レシチンをつくることで、脂肪肝、動脈硬化の予防

・脳の記憶形成を促進

・コレストロール値を正常に保つ

コリンはこんな人にオススメ!

・飲酒習慣の方

・脂肪肝、肝硬変の予防

・動脈硬化、血圧といった生活習慣病予防

・ジャンクフードやファストフードをよく食べる

・スポーツ、肉体労働で疲労軽減

・乳幼児(補助栄養として)

・成長期の子供

体内でも微量に合成はされますが、上記対象者の方は、コリンが豊富に含まれる食材である、牛肉、豚、レバー、大豆、豆腐などを積極的に摂取する事が大切です。

コリンの1日の摂取基準量

コリンは日本において推薦摂取量が設定されていません。現状はアメリカの摂取基準が参考になります。


※参照:ウィキペディア

超コスパ!コリンのオススメサプリメント!

Source Naturals(ソースナチュラルズ)社のコリンサプリメント!
数多くあるサプリメントの中で、飲みやすいソフトジェルタイプのサプリメントとなります。日本ではソフトジェルサプリメントは馴染みが薄いですが、非常に飲みやすいです。

【成分】(1粒)
・エネルギー 10KCal
・大豆由来のホスファチジルコリン 420mg

>>Source Naturals(ソースナチュラルズ)社のコリンサプリ

2:34 PM コリンで体質改善!コリンの1日の摂取目安と効果は? はコメントを受け付けていません。 ビタミン