コエンザイムQ10の働きや効果と1日の摂取基準量は?

コエンザイムQ10はスポーツサプリメントとして有名ですが、具体的にどのような効果があるか分かりますか?

コエンザイムQ10は脂溶性のビタミン様物質で、元々は、医薬品として狭心症、心不全、虚血性心疾患、脳出血などの治療に用いられています。

2001年に食品材料として認められてから、現在では、サプリメントとして人気のある成分の一つです。

コエンザイムQ10はスポーツをされている方や、ダイエットをされている方、慢性疲労の方には是非摂取していただきたいオススメの栄養素!

下記では、アメリカ本場の超コスパで始めれらるコエンザイムQ10のサプリメントもご紹介しています。

【スポンサードリンク】


コエンザイムQ10の働き

人間の細胞は、ミトコンドリアと呼ばれる小器官でエネルギーを生み出していますが、そのエネルギーを生産する際に必要な栄養素がコエンザイムQ10。

体内に存在するミトコンドリアには全てコエンザイムQ10が占めているんですが、激しいスポーツをされている方や、加齢、又は、不規則な生活習慣(睡眠不足、タバコ、酒)、を続けている方は、不足になりやすい栄養素となります。

不足していると常に疲労感が付きまとい、慢性疲労の原因となってしまいます。栄養ドリンクで疲労感をなくしているあなたに、オススメする栄養素であります。

コエンザイムQ10はこんな人にオススメ!

・肌のたるみ、しわが気になる

・ダイエットしたい

・歯槽膿漏が治らない

・糖尿病予防

・精力減退

・アレルギー体質

・疲れやすい

・持久系のスポーツをされている方

・血圧が気になる

・心臓が弱い

・ストレスを抱えている

・偏食習慣

・喫煙者、飲酒習慣

特に、増加傾向なのが、ジャンクフードやファストフードなどの偏食習慣やメタボリックシンドロームが原因による生活習慣病。
今までは、中高年にスポットがあたっていましたが、近年では、若年化が増えています。10代からメタボリックシンドロームは、今では、珍しくございません。そのような方にも特にコエンザイムQ10はオススメします。

コエンザイムQ10の補給方法と1日の摂取量基準

まずは、1日の摂取基準ですが、日本ではコエンザイムQ10の摂取基準量の設定がされていません。ただ、一般的に言われている1日の摂取量は・・・

・偏食習慣、飲酒、喫煙、体質改善など健康維持のためなら⇒ 100mg

・病気、激しいスポーツ、肉体労働で体の疲労が抜けない場合⇒300mg

これらの摂取量を食品からの摂取となると、イワシ12匹分、牛肉1㎏分もの摂取量相当になります。

コエンザイムQ10は体内でも合成される?

コエンザイムQ10は体内でも実は合成できることが特徴ですが、その量は20代をピークに減少してしまいます。

さらに、過度の飲酒、喫煙、ストレスが加わることで、減少してしまい、分かりやすい症状としては、疲労が抜けない「慢性疲労」が続きます。さらに、欠乏が続きますと、皮膚、脳、臓器にも悪影響が出るのです。

得に、長年の飲酒習慣、喫煙、ストレスを抱えている人ほど、まずはサプリメントで摂取する習慣で体質改善を図ってください。

摂取方法としましては、各サプリメントの商品に記載されている方法がベストですが、基本は、食後、食間に摂取する。そのことで、吸収力がアップします。

オススメするコエンザイムQ10サプリメントの選び方!

日本では馴染みが少ないソフトジェルタイプです。1粒で30㎎摂取でき、1日3粒~からスタートされることをオススメします。

販売メーカーのSource Naturals社は、アメリカのサプリメントメーカーで、サプリメント先進国のアメリカ人であれば誰しもしているメジャーなメーカーとなります。非常にコスパで口コミ掲載も多いので購入する際の判断材料になればと思います。

>>ソースナチュラルズ社 コエンザイムQ10(CoQ10) 30mg (口コミ多数)

2:31 PM コエンザイムQ10の働きや効果と1日の摂取基準量は? はコメントを受け付けていません。 ビタミン