ビタミンEの働きや効果と1日の摂取基準量は?

ビタミンEは小麦胚芽油に多く含まれている脂溶性のビタミンです。別名をトコフェロールといい、生殖と深いかかわりを持つ栄養素です。トコフェロールのトコは、出産を意味します。

ビタミンEは、ビタミンAやB群のように、他の栄養素の代謝や吸収を促進するといった働きはもちませんが、細胞の組織に悪影響を与える、活性酸素から細胞膜を守る働きを持っています。

よって、ビタミンEは活性酸素から守る働きをすることで、老化防止、ガン予防、生活習慣病予防といった広範囲で活躍するビタミンでございます。中高年に必須なビタミンです。

このページでは、脂溶性ビタミンの一種であります、ビタミンEの働き、摂取方法をサプリメントアドバイザーが解説しています。下記では、ビタミンEの補給にピッタリなオススメするサプリメントも紹介しています。

【スポンサードリンク】


ビタミンEの働きや効果

・動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中、高脂血症などの生活習慣病予防

・ガン予防

・血行改善

・肩こり、頭痛、冷え、更年期障害の緩和

ビタミンEはこんな人にオススメ!

・更年期障害

・生理痛がひどい

・冷え性

・痔

・ガン予防

・脳卒中や心疾患予防

・妊婦、授乳婦

・若返りたい

ビタミンEは摂取量が多い人ほど、老化が遅いという研究結果もございます。さらに、ビタミンA、C、βカロテン、ミネラルで言えば、セレンも同様な抗酸化作用がありますので、サプリメントで摂取される場合は、これらの抗酸化作用が混合されたサプリメントもオススメします。

ビタミンEの1日摂取基準量

補給される前に、1日の摂取基準を知って頂きましょう!

・成人男性:7.0mg/日

・成人女性:6.5mg/日

・耐用上限量:650~900mg

脂溶性のビタミンのため、食後の摂取されることで、吸収力が高いです。それぞれ独自の抗酸化作用を持つ、ビタミンC、βカロテン、ビタミンB2、セレンを併せて摂取すると効果的です。特にビタミンCはビタミンEの抗酸化力を高める働きを持っています。

【スポンサードリンク】


ビタミンAの働きや効果と1日の摂取基準量は?

ビタミンAは水に溶けない脂溶性のビタミンです。ビタミンAの特徴は、動物性タンパク質に含まれるレチノールと、緑黄色野菜などの多く含まれる色素成分である、β-カロテンの2つに分けられます。

体内に取り込まれたレチノールはそのままビタミンAとして吸収されるが、β-カロテンは、一旦、レチノールに変換されてからビタミンAとしての作用を発揮します。

ただ、体内にビタミンAが十分にある場合は、β-カロテンはビタミンAに変換されません。そのため、β-カロテンは本来の働きを発揮します。β-カロテンは、強い抗酸化作用がある事で有名で、生活習慣病予防やがん予防に有効とされています。

さらに、ビタミンAは眼精疲労やドライアイなどで悩まれている方にも必須栄養素です。

このページでは、脂溶性ビタミンの一種であります、ビタミンAの働き、摂取方法をサプリメントアドバイザーが解説しています。

【スポンサードリンク】


ビタミンAの働きや効果

・皮膚、口腔、胃腸、肺、気管支、膀胱、子宮などの上皮組織の分化に働く。

・粘膜を正常に保つ

・免疫機能を維持

・風邪などの感染症に対する強化

・骨の発育

・白内障のリスクを軽減するロドプシンの主成分

・発がんを抑制

※ロドプシン
薄暗い所でも目が慣れてくると、徐々にものが見えるようになってきます。これは、目の網膜にある光の明暗を感じるロドプシンという物質のおかげ。ビタミンAはこのロドプシンの主成分であり、白内障のリスク軽減で注目されています。

ビタミンAはこんな人にオススメ!

・薄暗いところでも見えにくい

・ドライアイ

・成長期の子供

・風邪を引きやすい

・肌、髪のパサつき、傷みやすい

・妊婦、授乳婦

・ガン予防

・爪がもろい

視覚障害の他にも、皮膚、粘膜を維持するビタミンAの発がんを抑制する作用も注目されています。

ビタミンAの摂取基準量

補給される前に、1日の摂取基準を知って頂きましょう!

ビタミンAは脂溶性のビタミンのため、水溶性ビタミンのように、尿と一緒に排泄されませんので、過剰症に注意が必要です。

・成人男性:800~850μgRE(レチノール当量)/日

・成人女性:600~700μgRE(レチノール当量)/日

ビタミンAは脂溶性のビタミンなので、油と一緒に摂取すると吸収力が高くなります。食品では、鶏、豚、レバー、ホウレンソウ、ニンジン、カボチャなどございます。例えば、ホウレンソウのソテーなどもオススメです。

ただ、余分な脂を摂取したくない、体質改善を目的で摂取したい場合は、サプリメントからの摂取が断然とオススメです。

カロリーを気にせずピンポイントに摂取でき成分量も把握できるからです。

サプリメントで摂取する場合は、抗酸化作用があるビタミンEが混同されているサプリメントをオススメします。摂取方法は食前か食後の摂取をオススメします!

【スポンサードリンク】