キトサン 効果 

キトサンの効果を知れば!もう我慢ダイエットは卒業!

キトサン 効果

 

食事で摂取した脂質をまるごと体外に排出してくれる頼もしい成分「キトサン」

 

どうしてもジャンクフードなど、脂質が多い食べ物の欲求に勝てないダイエッターに向けて書いています。

 

こちらでは、キトサンの効果、副作用、飲むタイミングについてまとめた記事となっております。

 

【スポンサードリンク】

 

キトサンとは?

 

キトサン 効果

 

キトサンは、カニの甲羅や殻などに含まれている「キチン」という成分です。

 

食事で摂取した脂質をまるごと体外に排出してくれる頼もしい成分です。

 

脂質は1gあたり9KCalといわれ、脂質はダイエットの一番の大敵と言われています。
ただ、食べ物のうまみ成分が一番詰まっているのは脂質なんですよね!

 

ダイエッターって人一倍食べる事が好きな方が多いので、脂質を減らすってかなりのストレスになるんです。
ただ、キトサンをうまく取り入れればダイエット中でも脂質を問題なく摂取できるのでダイエットが継続しやすいメリットがあります。

 

次は、キトサンの具体的な効果について解説していきます。

 

キトサンの効果とは?

 

脂肪を吸収しないでまるごと体外に排出する

 

キトサンは体内に入った脂質をまるごと体外に排出する働きがあり、血液に一切入りません。
しかも、キトサン自身の4〜5倍の重さの脂肪を包み込む事ができます。

 

ですので、中華やジャンクフードといった脂質が多い食事をする場合は、食前に摂取することをオススメします。

 

飲む前に注意!キトサンには副作用がある?

 

キトサン 効果

 

キトサンは誰しも摂取できるという事ではありません。

 

キトサンの成分はカニやエビの甲羅や殻が主原料となっているので、甲殻類アレルギー体質の方の摂取は控えて下さい。

 

一部では、キトサンを摂取してアレルギー症状になった方は、副作用ととらえている方もいらっしゃいますが、キトサン自身は、副作用となる成分は含まれていません。

 

脂溶性ビタミンの不足にも注意!

 

さらに、キトサンは摂取した脂質をまるごと体外に排出する働きがあるので、同時に、脂溶性ビタミン、ビタミンA、E、D、Kもまるごと包み込んで排泄してしまいます。

 

ですので、キトサンを摂取したときは、これらのビタミンをマルチビタミンなどで必ず補ってください。

 

【スポンサードリンク】

 

キトサンの効果的な飲むタイミングは?

 

キトサン 効果

 

キトサン 効果

キトサンを効果的に飲むタイミングや飲み方には一つだけポイントがあります。

 

それは、ビタミン、ミネラルなどのサプリみたいに、日々飲むような成分ではない事です。

 

キトサンはあくまで、食べ物から摂取した脂質を吸収しないで、体外に排出する働きをしてくれるだけですので、定期的に飲んでしまうと、脂溶性ビタミンが不足してしまいます。

 

キトサンの摂取方法のほとんどは、サプリメントからの摂取となりますが、飲むタイミングとしては、外食などで脂っこい食事をする食前に摂取するだけで問題ありません。

 

キトサンのオススメのサプリメントは?

 

キトサンのサプリは各メーカーから販売されていますが、成分内容とコスパを考えれば、断然、NOW社のキトサンサプリがオススメです。

 

NOW社のキトサン500r+クロミウムは、キトサンだけでなく、ダイエットに欠かせない、代謝アップの成分であるクロムも配合している所から、しっかり脂質を排除しながら、代謝もアップしてくれるのが期待できるサプリメントです。

 

成分内容

 

1回3粒
キトサン 1,500r
クロム 300μg

 

40日分と記載はしていますが、これはビタミンサプリメントみたいに日々飲むようなサプリメントではありませんので、私の場合は8ヶ月以上普通に持っています。

 

カプセルタイプのサプリとなります。口コミもありますので、是非チェックされてみて下さい。
>>NOW社のキトサン500r+クロミウム 240粒※約40日分

page top