グルタミン 効果

グルタミンの効果|筋トレ前後にグルタミンを摂取しないとNG?

グルタミン 効果

 

筋トレしている方は一度は聞いたことがあるアミノ酸「グルタミン

 

グルタミンは体内の遊離アミノ酸中約60%も占めている必須アミノ酸です。

 

ただ、筋トレを行うことで、体内のグルタミンが減少するのはご存知ですか?

 

こちらではグルタミンの効果についてまとめた記事内容となっています。

 

この記事を読むことで、グルタミンを摂取しなくてはならない理由が明確になります。

 

【スポンサードリンク】

 

グルタミンとは?

 

 

グルタミンは体内の中で最も多く含まれているアミノ酸です。

 

普段、筋トレしている筋肉内(骨格筋)には、50〜60%ものグルタミンが存在します。

 

ただ、筋トレをすることで、筋肉が損傷しますと、グルタミンは筋分解を阻止して、損傷した筋肉をより強固にするためグルタミンが沢山消費されます。

 

ですので、筋トレで筋肉を損傷した際には、欠かせないアミノ酸という事になります。

 

グルタミン 効果

逆に、十分なグルタミンが体内にない場合、体内では筋肉を分解してまで筋修復をしますので、せっかく筋肥大でトレーニングをしたにも関わらず、筋肉が減少してしまう「カタボリック」に陥ってしまいます。

 

グルタミンが体内に十分備わっていないと、筋肉の修復に時間がかかり、その修復期間は免疫力が低下しますので、風邪を引きやすかったりします。

 

筋トレでしっかり筋肉を損傷したなら、それ相当のグルタミンを補給することで、筋修復もスムーズにして、筋肉が増える(アナボリック)が優位になります。

 

グルタミンの代表的な4つの効果

 

グルタミン 効果

 

グルタミンは筋肉の損傷を補ってくれるだけでなく、4つの代表的な効果が期待できます。

 

胃腸が元気になるので免疫力もアップ

 

超回復がスムーズに

 

筋肉痛軽減

 

集中力が増す、勉強前にもオススメ

 

【スポンサードリンク】

 

グルタミンの飲み方や飲み合わせ飲むタイミングは?

 

グルタミン 効果

 

グルタミンの飲み方はスポーツドリンクやBCAAなどのアミノ酸飲料に混ぜて摂取するケースが一般的です。

 

ゴールドジムなどに行きますと、直接グルタミンを口に入れて飲む、俗にいう「ビルダー飲み」をしている方もいらっしゃいます。

 

 

グルタミン 効果

飲むタイミングは、トレーニング中が一番ベストです!グルタミンはアミノ酸ですので胃腸の消化過程がないので、吸収が抜群に優れています。

 

 

グルタミンは摂取したら約20分後に血中アミノ酸として現れるので、トレーニング中に摂取するとより集中したトレーニングを行うことが実感できます。

 

私のケースは、「エクステンドBCAA」というサプリメントに、ワンスクープ2500rのグルタミンも同時に摂取できるので、今ではそちらをメインに飲んでいます。

 

 

グルタミンを飲むことで、スムーズに筋修復が行われるので、特に辛い脚トレの翌日の強烈な筋肉に悩まされる事はなくなりました。

 

グルタミン 効果

一番やっていけない事!

シェイクするのが面倒だからと、グルタミンは水に漬け置きはしないでください。

 

エクステンドに入っているグルタミンは溶けやすいので問題ないですが、じつは、グルタミン単体ってかなり水に溶けにくい性質を持っています。溶けにくいのが原因で水に溶け置きしておくと、グルタミンはグルタミン酸に変化してしまいます。

 

グルタミン酸は「味の素」でも有名ですよね。

 

一旦、グルタミン酸に変化してしまうと、グルタミンには戻らないので注意してください。グルタミン酸は分子の構造は似ていますが、グルタミン本来の働きはしません。

 

【スポンサードリンク】
page top