ルテイン 効果

ルテインの効果|適切な摂取量と効果的な摂取タイミングとは?

アントシアニン 効果

 

普段の生活習慣で我々は、目を酷使しているのが日常となっています。

 

例えば、スマホ、パソコン、テレビが挙げられます。

 

その中でも、とくに接する機会が多い「スマホ」

 

ニールセンデジタルが発表したスマホの利用時間は、1人あたり2018年3月の時点で、3時間7分という統計が出ています。

 

アントシアニン 効果

 

2017年3月にくらべ16分も増加していることになります。

 

さらに、パソコンを仕事で使用するとなると、起きている時間帯が常にブルーライトにさらされている状態という事になります。

 

ブルーライトは紫外線についで悪い光と言われており、常にさらされると、目が疲れやすくなり、視界のちらつき、慢性的な眼精疲労を招きます。

 

今回は、そんな辛い目の症状を緩和してくれる成分「ルテインの効果」をまとめてご紹介していきます。

 

【スポンサードリンク】

 

ルテインとは?

 

アントシアニン 効果

 

ルテインは、カロテノイドと呼ばれる天然色素成分です。

 

主に、緑黄色野菜に豊富に含まれており、代表的な食品であれば、ホウレンソウ、カボチャ、ブロッコリーが有名です。

 

ルテインには、抗酸化作用があり、活性酸素を抑え、黄斑変性や白内障など目の老化を防止してくれる働きがあります。

 

さらに、紫外線やブルーライトの光を吸収し、光によって発生した活性酸素を除去してくれる働きを持っています。

 

ただ、ルテインは年齢とともに減少してしまうのです・・・

 

ルテインは年齢とともに減少

 

アントシアニン 効果

 

ルテインは、人間の体に存在しておりますが、体内で作ることができず、加齢とともに減少してしまう栄養素となります。

 

アントシアニン 効果

 

さらに、喫煙やアルコールを習慣にしている方も減少しやすいと言われています。

 

これまでの研究で黄斑変性、白内障など加齢にともなって増加する目の病気は、体内のルテイン量が減少していることも示唆されています。

 

したがって、ルテインは加齢とともに、積極的に摂取しなくてはならない栄養素ということが分かります。

 

では、1日にどのくらいの、ルテインを摂取するのが望ましいのでしょうか?

 

【スポンサードリンク】

 

ルテインの1日の摂取量とは?

 

アントシアニン 効果

 

ルテインの効果を発揮するには、1日の摂取目安は約6r以上が必要といわれています。

 

ただ、年々スマホの利用時間も増えつつあるので、ブルーライトの影響を防止するには、1日に10rのルテインが必要と言われています。

 

アントシアニン 効果

ある研究では、1日に10rのルテインに加え、ビタミン、ミネラルを併用させ1年間摂取させたところ、加齢黄斑変性が改善されたアメリカの研究報告がございます。

 

ルテインは、黄斑変性の初期症状でもある飛蚊症(ひぶんしょう)にも効果的といわれております。

 

飛蚊症とは、視界に黒い点みたいなものが飛んでいるように見えたりする症状です。

 

それでは、ルテインが豊富に含まれている食材を見ていきましょう。

 

ルテインが多い食材とは?

 

アントシアニン 効果

 

ルテインが豊富に入っている代表的な食材は3つ!

100gあたりのルテイン量をはこちら!

 

ホウレンソウ 10.2r

 

ブロッコリー 1.9r

 

カボチャ 1.5r

 

ルテイン1日に10rを食材で摂取する場合、上記の食材ではどれくらいの量が目安か?

 

ホウレンソウ 100g

 

ブロッコリー 520g

 

カボチャ   660g

 

かなり多い量ということが分かりました。
この量を日々食べることは現実的ではありません。

 

アントシアニン 効果

さらに、火で調理したり、水に浸したりすると、ルテインが減ってしまうので、実際はそれ以上食べないと、ルテイン10rを摂取することが難しいことが分かります。

 

 

ルテインをしっかり摂取するためにも、サプリメントを上手に活用する方が増えています。


 

ルテインが豊富に含まれているサプリメントは?

 

ルテインが含まれるサプリメントは多々ございます。

 

しかし、選ぶ基準って分かりませんよね?

 

そこで、選ぶ基準のポイントは、「機能性表示食品」が記載しているサプリメントをオススメします。

 

例えば、一般的に販売されているサプリメントのケースでは・・・

 

「クリアな生活習慣のサポート」

 

「ストレスない、クッキリ習慣」

 

 

言いたい事は何となく分かりますが、かなり曖昧な表現ですよね。


 

上記のキャッチコピーは実際にある目のサプリメントです。

 

これらの表現が曖昧な理由は、該当する成分が特定の症状改善を得られる科学的根拠がないので、具体的な明記ができません。

 

機能性表示食品は具体的な改善を明記できる

 

機能性表示食品は、その該当成分が科学的根拠(エビデンス)に関する情報を国に届出しています。

 

ですので、機能性表示食品は、該当する成分が何r入っているので何々の改善ができる事を明記できるのです。

 

明記されている方が消費者にとっては安心ですよね。

 

ですので、ルテインで目の疲労を改善するには、「機能性表示食品」のサプリメントを選ぶことをオススメします。

 

代表的な「機能性表示食品」ルテインのサプリメント

 

機能性表示食品でルテインが豊富な3つのサプリメントをご紹介します。

 

1、一目瞭然【株式会社ソシア】

 

アントシアニン 効果

 

期待効果:「ブルーライトの刺激から目を守り、ハッキリ・クッキリ見えるWの機能」
一目瞭然は、ルテインが豊富なマリーゴールドの花から抽出されています。
1日2粒でルテイン20r【ルテインに特化したサプリ】
>>一目瞭然の公式サイトはこちら

 

2、メラックスeye(アイ)【八幡物産株式会社】

 

アントシアニン 効果

 

期待効果:「機能性関与成分ルテインが、光の刺激から目を守る、ぼやけかすみの解消が期待できるサプリメントです。」
1日1粒でルテイン25r【ルテインサプリでは高配合】ルテインに特化したサプリメントです。
>>メラックスeye(アイ)の公式サイトはこちら

 

3、えんきん【ファンケル】

 

ルテイン 効果

 

期待効果:「手元のピント機能改善、ぼやけを解消しハッキリ見える力を助ける、光の刺激から目を保護するとされる、黄斑部の色素を増やす」

 

1日2粒でルテイン10r【ルテインの他、シアニジン-3-グルコシド(アントシアニン)2.3r、DHA50r、アスタキサンチン4r】ルテインだけでなく、目の保護をすてくれる成分が複合的に入っています。
ファンケルえんきんでは、4週間1,000円のお試しキャンペーンを行っています。>>お試しキャンペーンの詳細はこちら

 

ルテインの効果のまとめ

 

ルテイン 効果

 

ルテインは加齢とともに減少する栄養素です。
体内では作られないので、日ごろからサプリメントを活用し、ルテインを補うことがオススメです。

 

とくに、40歳以降からは、老眼も始まりますので、早めの対策が必要です。

 

眼精疲労は放置すると、肩こり、頭痛、集中力の低下、ストレス、だるさ、吐き気など進行してしまいます。

 

ルテイン 効果

眼精疲労の初期症状である、目の奥が痛む、目がかすむ、ピントが合いにくい、軽いドライアイ、目がショボショボする、充血しやすい方は、早めの対策が重要です。

 

【スポンサードリンク】
page top