マーシュマロウの8つの効能効果|摂取方法

マーシュマロウ効能効果

 

 

マーシュマロウは、利尿効果が高いハーブです。

 

 

 

昔からヨーロッパでは、薬草が主流で使用されているアオイ科のハーブです。

 

 

 

和名ではウスベニタチアオイといい、両面が毛羽立った厚みのある葉は、気管支炎や呼吸器の炎症をやわらげ、尿結石、膀胱炎にも効果的です。

 

 

 

こちらでは、マーシュマロウの8つの効能効果|摂取方法をサプリメントアドバイザーが解説しています。


 

【スポンサードリンク】

 

 

マーシュマロウの8つの効能効果

 

  1. 利尿作用
  2. 鎮痛作用
  3. 抗炎症作用
  4. 健胃作用
  5. 便通促進
  6. 鎮咳
  7. 去痰作用
  8. 粘膜の保護

 

 

マーシュマロウの摂取方法

 

マーシュマロウ効能効果

 

 

 

マーシュマロウの摂取方法はハーブティーがオススメです。


 

 

飲みにくい癖のあるハーブティ−と違い、マーシュマロウは香りがなく、ほんのり甘みを感じるのが特徴です。

 

 

レモンなど加えるとより一層美味しくいただけます。

 

 

マーシュマロウのハーブティーの利用部分は根の部分です。

 

 

マーシュマロウ効能効果

 

 

根には、豊富な粘液が含まれ、腸内の粘膜保護、肌荒れ防止にも効果的です。

 

 

※注意点
薬を服用されている方は、薬の効果を遅延させてしまう働きがありますので、薬を服用されている方は薬との併用は控えて下さい。
服用する場合は、前後2時間は空けましょう。

 

【スポンサードリンク】