カルシウムの働きや効果!1日の摂取基準量は?

カルシウムは人の体内に最も豊富に存在するミネラルです。カルシウムの99%は骨、歯に存在しますが、残りの1%は血液、筋肉、神経に存在します。

ただ、最近では、加工食品、ジャンクフードがお求め安くなり、おかずの内容によっては、自炊より安く済む観点から、偏食習慣になりやすい環境となっています。このように、現代は、カルシウムの不足になりやすい環境となっているため、意識して摂取したいミネラルです。

カルシウムは慢性的に不足してしまうと、老人に多い骨の石灰化でおこる骨粗鬆症、手足のしびれ、けいれん、若年層では、虫歯、神経過敏やイライラ、といった代表的な症状が挙げられます。

このページでは、偏食習慣によって不足がちなミネラル「カルシウム」の働きや効率よい摂取方法について日本ニュートリション協会公認のサプリメントアドバイザーが解説しています。

【スポンサードリンク】



カルシウムの働きや効果

・骨、歯の発育に作用

・筋肉の収縮

・精神の安定

・血液を固める、出血の防止

・心臓の鼓動を保つ

・アレルギーなどの過敏な反応を抑える

・ホルモン、唾液、胃液などの分泌に働く

・鉄の代謝を高める

カルシウムは、リンとマグネシウムとともに、骨や歯の組織形成として働くほか、さまざまな生理作用を持っています。

カルシウムはこんな人にオススメ

・虫歯になりやすい

・イライラする、キレやすい

・骨粗鬆症予防

・動脈硬化予防

・高血圧予防

・高齢者

・成長期のお子様

・妊婦、授乳婦

カルシウムの1日の摂取基準量

成人男性:650~800mg/日

成人女性:600~650mg/日

耐用上限量:2,300mg/日

理想的なカルシウムの補給方法としては、カルシウムが2に対し、マグネシウムが1の割合がベストです。

なぜ、マグネシウムの摂取も必要か?

カルシウムだけの摂取では、カルシウムが血管壁に付着したり、ミネラルバランスが崩れてしまい、貧血になりやすくなったりします。マグネシウムを摂取することで、血管壁のカルシウムの付着を防ぐことが出来たり、カルシウムの吸収を高めたりする作用があるからです。

【スポンサードリンク】


1:57 PM カルシウムの働きや効果!1日の摂取基準量は? はコメントを受け付けていません。 ミネラル