イオウの働きや効果!1日の摂取基準量は?

イオウは タンパク質の働きに関与したり、ビタミンB1やパントテン酸と結合することで、糖質、脂質の代謝に働きます。特に日ごろから脂っこい食生活やカロリー高めの食生活が習慣の方ほど、積極的に摂取していただきたいミネラルです。

さらに、イオウは軟骨や腱にコンドロイチン硫酸としても含まれています。サプリメントアドバイザーがイオウの働き、摂取方法などについて詳しく解説しています。

【スポンサードリンク】



イオウの働きや効果

・健康な髪、爪、皮膚をつくる

・補酵素として糖質、脂質の代謝に働く

・細菌感染に対する抵抗力をつける

・有害のミネラル蓄積を防ぐ

・肝臓の胆汁の分泌を促進

イオウはこんな人にオススメ!

・抜け毛が多い

・髪のパサつきが気になる

・肌荒れ、しみが気になる

・肉、魚を食べない

・関節が弱い

・爪がもろい

・慢性的な疲労

・肌の老化が気になり始めた

・血糖値が気になる

・激しいスポーツや肉体労働者

・トレーニングで効率を高めたい

・ガン予防

・飲酒習慣の方

・喫煙者

・認知症予防

・喘息気味

・関節が痛い

イオウの1日の摂取基準量は?

食事でタンパク質をとっていれば、サプリメントによる補給の必要はございません。イオウは必須ミネラルのひとつでありますが、食事摂取基準も定められていなく、サプリメントでも市販はされていません。ただ、医薬品の軟骨やクリームにはイオウが配合されている商品も多々ございます。

イオウを多く含む食品は、肉類、魚介類、乳製品、豆製品などです。

【スポンサードリンク】


1:34 PM イオウの働きや効果!1日の摂取基準量は? はコメントを受け付けていません。 ミネラル