リンの4つの働き!1日の摂取量!

コリンの働き

 

リンはカルシウムに次いで多いミネラルです。

 

 

体内のリンの大部分は、骨、歯の中で、リン酸カルシウム、あるいはリン酸マグネシウムとして存在します。

 

 

筋肉、神経、脳、肝臓の組織にすべて含まれている重要なミネラルです。

 

 

リンが不足しますと、骨が弱くなったり、新陳代謝が低下し、筋肉がだるくなってしまうことが特徴です。

 

 

こちらでは、リンの働き1日の摂取量をサプリメントアドバイザーが解説しています。

 

【スポンサードリンク】

 

リンの働き

 

コリンの働き

 

  1. 骨、歯などの硬組織をつくる
  2. ビタミンB1、B2と結合して補酵素となる
  3. 糖質の代謝を円滑にする
  4. 神経刺激の伝達

 

リンはリン酸塩として、骨、歯の中に存在し、リン酸の形でエネルギーに関与している重要な成分です。

 

ビタミンB群である、ナイアシンもリンがなければ体内に吸収しません。

 

リンはこんな人にオススメ

 

コリンの働き

 

  • 高齢者
  • 腎機能が低下
  • 骨粗鬆症予防
  • 歯槽膿漏
  • 神経痛

 

リンの摂取方法

 

 

リンの1日の摂取基準量を見てみましょう!


 

成人男性:1,000mg/日

 

成人女性:900mg/日

 

耐用上限量:3,000mg/日

 

具体的な食品一覧はこちらでご紹介されています。>>リン含有量食材一覧

 

【スポンサードリンク】