カリウムの9つの働き!摂取方法!

コリンの働き

 

 

カリウムは筋肉の収縮と弛緩の調整に働きます。

 

 

カリウムが不足しますと、筋肉の収縮、弛緩の作用が乱れてしまい、痙攣を起こしやすくなったり、疲れやすくなったりします。

 

 

特に、夏バテは大量に汗をかくことで、カリウムが大量に失われ、低カリウム血症を起こして発症するケースが多いです。

 

 

こちらでは、カリウムの9つの働きや摂取方法をサプリメントアドバイザーが詳しく解説しています。

 

 

【スポンサードリンク】

 

カリウムの9つの働き

 

コリンの働き

 

 

  1. 筋肉の収縮、弛緩の調整
  2. エネルギー生産酵素の活性化
  3. タンパク質合成の関与
  4. 腎臓の老廃物の排泄促進
  5. 疲労感、脱力感を防ぐ
  6. 心臓の規則的な鼓動を保つ
  7. 利尿作用
  8. 血圧低下を助ける
  9. ナトリウムと共に、身体の水分バランスを保つ

 

 

カリウムは筋肉の収縮、弛緩の調整に働き、不足しますと調整が不調になってしまい、疲れやすい体質になってしまいます。

 

 

夏バテの原因は、大量の汗をかくことで、カリウムが失われ、低カリウム血症が原因で起こっているケースがほとんどです。

 

 

その他、タンパク質の合成の関与、腎臓の老廃物は排泄促進などなくてはならない重要なミネラルです。

 

 

カリウムはこんな人にオススメ

 

コリンの働き

 

  • 夏バテしやすい
  • コーヒーや甘いものが大好き
  • ストレスを抱えている
  • 高血圧予防
  • 糖尿病予防
  • 塩分の摂りすぎが気になる

 

 

体内では、ナトリウムとカリウムが一定な割合で調節されています。

 

例えば、日ごろからナトリウムの摂りすぎ(塩辛い物がメイン)が原因で高血圧症に悩んでいる場合は、カリウムが多く含まれている野菜、果物、海藻を意識して食べることが大切です。

 

>>カリウムを多く含んでいる食材一覧

 

カリウムが慢性的に不足してしまいますと、高血圧、不整脈、筋力の低下、心不全などが挙げられます。

 

下記の摂取基準を把握することが大切です。

 

カリウムの摂取方法

 

 

まずは、1日の摂取基準量を把握することが大切です。


 

成人男性:2,500mg/日

 

成人女性:2,000mg/日

 

 

カリウムはアッパー摂取量が設定されていませんが、過剰摂取による副作用の心配はございません。

 

ただし、腎臓の機能障害がある場合は、高カリウム血症になりやすいので注意してください。

 

【スポンサードリンク】