マグネシウムの7つの働き!摂取方法!

マグネシウムの働き

 

マグネシウムは体内に約300種類以上もの酵素系に必須なミネラルで、多くの細胞機能にとって非常に重要な役割をしています。

 

 

 

成人の体内に約30gあり、その約60%が骨や歯に蓄えられています。

 

 

 

さらに、構成成分として、神経伝達や遺伝情報伝達など重要な段階などに関与しているミネラルでもあります。

 

 

こちらでは、マグネシウムの7つの働き摂取方法をサプリメントアドバイザーが詳しく解説します。

 

 

【スポンサードリンク】

 

マグネシウムの働き

 

マグネシウムの働き

 

  1. 心臓や筋肉の働きを正常に保つ
  2. 精神安定
  3. 血圧の正常化
  4. 細胞内の浸透圧や、酸、アルカリのバランス
  5. 体温の調整
  6. カルシウムの調整をしている
  7. コレストロールの沈着を防ぐ

 

コリンの働き

マグネシウムはカルシウムとともに、抗ストレス作用があり、神経、筋肉の機能や興奮を正常に整えて、精神を和らげます。

 

ストレスを感じ、常にイライラを感じるときには、マグネシウムの補給が欠かせません。

 

 

マグネシウムはこんな人にオススメ!

 

マグネシウムの働き

 

  • ファストフードやお菓子で済ませてしまう
  • 加工食品をよく食べる
  • ストレスが多い
  • 清涼飲料水や牛乳を習慣に飲まれている方
  • アルコールを習慣に飲まれる方
  • 肉を沢山食べる
  • 高血圧や動脈硬化が気になる
  • 心疾患を予防したい
  • 骨粗鬆症を予防
  • 腎臓結石が気になる

 

マグネシウムの摂取方法

 

 

まずは、1日の摂取基準量を把握することが大切です。


 

成人男性:320〜370mg/日

 

成人女性:260〜290mg/日

 

骨粗鬆症の予防で、カルシウムを積極的に摂取しなくてはならないとされていますが、実はカルシウムを摂取する場合は、マグネシウムとのバランスが重要となります。

 

 

割合は、カルシウムが2に対し、マグネシウムが1の割合です。

 

 

ちなみに、カルシウムの摂りすぎは逆にマグネシウムの不足を引き起こす原因となります。

 

さらに、肉、加工食品、清涼飲料水などに多く含まれているリンもマグネシウムの吸収を阻害してしまいます。

 

そのため、効率よく補給することを考えれば、カルシウムとマグネシウムがバランスよく配合されているサプリメントを習慣に飲むことをオススメします。

 

【スポンサードリンク】