脂溶性ビタミン記事一覧

ビタミンAは水に溶けない脂溶性のビタミンです。ビタミンAは、動物性タンパク質に含まれる「レチノール」と緑黄色野菜に多く含まれる「βカロテン」と2つに分けられます。【動物性タンパク質】レチノール⇒体内に入るとビタミンAのまま吸収される【緑黄色野菜】βカロテン⇒レチノールに変換されビタミンAとして吸収される緑黄色野菜の場合は、一旦レチノールに変換される段階を踏みます。ただ、体内にビタミンAが十分ある場...

ビタミンDは骨の形成にかかわる、脂溶性のビタミンです。ビタミンDは骨の発育に異常が起こる病気(くる病)に多いことから発見されたビタミンです。くる病とは、日光にあたらない方に多い、骨に異常が出る病気です。 ビタミンDは、キノコ類、魚介類、卵類の食品に多く含まれていますが、太陽に当たることでも、コレストロールを材料に紫外線によって皮膚でも合成されます。体内に取り込まれたビタミンDは、肝臓と腎臓で酸化さ...

ビタミンEは小麦胚芽油に多く含まれている脂溶性のビタミンです。別名をトコフェロールといい、生殖と深いかかわりを持つ栄養素です。トコフェロールのトコは、出産を意味します。 ビタミンEは、ビタミンAやB群のように、他の栄養素の代謝や吸収を促進するといった働きはもちませんが、細胞の組織に悪影響を与える、活性酸素から細胞膜を守る働きを持っています。活性酸素から守る働きをすることで、老化防止、ガン予防、生活...

ビタミンKは、キャベツやアルファルファなどの緑黄色野菜に含まれるK1(フィロキノン)と、納豆に多く含まれます。また、人体の腸内細菌によって合成されるK2 (メナキノン)の2種類ございます。こちらでは、脂溶性ビタミンの一種である、ビタミンKの3つの働き、摂取方法をサプリメントアドバイザーが解説しています。【スポンサードリンク】ビタミンKの3つの働き血液を固める働き骨の形成骨の石灰化などの骨粗鬆症予防...

脂溶性ビタミンの食事摂取基準の推進量目安と食品をご紹介しております。料理をする際の参考になって頂ければ幸いです。順番としてはこのようにご紹介しております。ビタミンA↓ビタミンE↓ビタミンD↓ビタミンK【スポンサードリンク】※耐容上限量とは・・男性、女性、各年齢、階級ごとに設定されている栄養摂取量の最大限度量。最大限度量を超えると、健康障害が発生してしまう基準。健康障害を未然に防ぐ目的として、耐容上...