ビタミンDの5つの働き!摂取方法!

ビタミンDの働き

 

ビタミンDは骨の形成にかかわる、脂溶性のビタミンです。

 

ビタミンDは骨の発育に異常が起こる病気(くる病)に多いことから発見されたビタミンです。

 

くる病とは、日光にあたらない方に多い、骨に異常が出る病気です。

 

ビタミンDの働き

ビタミンDは、キノコ類、魚介類、卵類の食品に多く含まれていますが、太陽に当たることでも、コレストロールを材料に紫外線によって皮膚でも合成されます。

 

体内に取り込まれたビタミンDは、肝臓と腎臓で酸化され、活性型のビタミンDに作り替えられます。

 

活性型のビタミンDの働きは、ミネラルやリンなどの吸収力を高める作用がございます。

 

こちらでは、脂溶性のビタミンの一種であります、ビタミンDの5つの働き、摂取方法をサプリメントアドバイザーが解説しています。

 

【スポンサードリンク】

 

ビタミンDの5つの働き

 

ビタミンDの働き

 

  1. カルシウム、リンの吸収を助け、骨、歯にカルシウムの定着を促進
  2. 骨、歯の形成
  3. ビタミンAの吸収を促進する
  4. カルシウム濃度を一定に保つ
  5. 筋肉を収縮させる作用

 

ビタミンDはこんな人にオススメ!

 

ビタミンDの働き

 

  • 骨粗鬆症を予防
  • 歯周病や虫歯になりやすい
  • 骨、歯が弱っている
  • 日照時間の少ない乳幼児、高齢者
  • 妊婦、授乳婦

 

ビタミンDの摂取方法

 

 

補給される前に、1日の摂取基準を知って頂きましょう!


 

成人男女:5.5μg/日

 

成人の耐用上限量は50μgですが、乳児5歳までは25〜30μg、子供(6〜11歳)30〜35μg

 

ビタミンDは脂溶性のビタミンのため、水溶性ビタミンのように、尿と一緒に排泄されませんので、過剰症に注意が必要です。

 

過剰症の症状としては、血管壁、臓器にカルシウムが沈着されやすくなり、嘔吐、下痢、脱水症状、腎結石、腎障害などを起こす可能性がございます。

 

特に、サプリメントで摂取される場合は、摂取量を厳守していただきたいです。

 

【スポンサードリンク】