ビタミンKの3つの働き!摂取方法

ビタミンDの働き

 

ビタミンKは、キャベツやアルファルファなどの緑黄色野菜に含まれるK1(フィロキノン)と、納豆に多く含まれます。

 

また、人体の腸内細菌によって合成されるK2 (メナキノン)の2種類ございます。

 

こちらでは、脂溶性ビタミンの一種である、ビタミンKの3つの働き、摂取方法をサプリメントアドバイザーが解説しています。

 

【スポンサードリンク】

 

ビタミンKの3つの働き

 

ビタミンDの働き

 

  1. 血液を固める働き
  2. 骨の形成
  3. 骨の石灰化などの骨粗鬆症予防

 

ビタミンKは主に、血液を固める働き(血液凝固作用)や骨の形成に関わっている重要な役目を持っています。

 

ビタミンKは骨粗鬆症の治療薬としても認可されています。

 

ビタミンKはこんな人にオススメ!

 

  • 骨粗鬆症予防
  • 抗生物質を服用されている方
  • 妊婦、授乳婦
  • 月経時に多量出血がある
  • 鼻血が出やすい、血が止まりにくい
  • 軽い打撲でも青あざができやすい

 

ビタミンKの摂取方法

 

 

補給される前に、1日の摂取基準を知って頂きましょう!


 

ビタミンAは脂溶性のビタミンのため、水溶性ビタミンのように、尿と一緒に排泄されませんので、過剰症に注意が必要です。

 

成人男性:75μg/日

 

成人女性:60〜65μg/日

 

ビタミンKは脂溶性のため、食後の摂取がオススメです。

 

※注意

ビタミンK製剤は抗血液凝固薬のワルファリンカリウムとの併用は控える事!
また、ワルファリンを服用している場合は、納豆、青汁、クロレラなどの摂取についても、医師に相談することが大切です。

 

ビタミンKは、通常の食生活をされている方は、不足に陥ることはございません。

 

【スポンサードリンク】