ビタミンCの働きや効果と1日の摂取基準量は?

現代人にもっとも不足している栄養素「ビタミンC」

ビタミンCは非常にデリケートな栄養素であり、アルコール習慣の方、喫煙習慣の方、偏食気味、ストレス、不規則な生活を続けている方は、ビタミンCが不足しているケースがほとんど!

ビタミンCは、水溶性ビタミンの仲間で、ビタミンCを摂取したとしても、2~3時間後には汗や尿などで排泄されてしまいます。

野菜や果物からビタミンcを摂取することが一番ベストですが、最近では野菜、果物の価格の高騰や栄養価の低下などが挙げられ、野菜や果物から1日必須量のビタミンCの確保をするとなると、膨大な量に膨らみます。

現実的に1日の必須量であるしっかりビタミンCの確保をするには、サプリメントがベストです。

このページでは、ビタミンCのさまざまな働き、摂取方法について解説しています。多岐にわたり活躍するビタミンCを知ることで、ビタミンCを摂取しなくてはならない重要性を理解出来ると思います。

ビタミンCが満たしていることで、免疫力は向上し、肌ツヤもよくなり、数えきれない程のメリットが得られますので、最後まで読んで頂ければ幸いです。

【スポンサードリンク】


知っているようで知らないビタミンCの基礎

ビタミンCは体内で合成されず、外部から摂取しなくてはならない重要な栄養素であります。ビタミンは直接、体のエネルギーにはなりませんが、そのエネルギーが働くために欠かせない栄養素なのです。

アメリカのノーベル賞学者・ポーリング博士が、「ビタミンCを毎日、大量に摂ると風邪が治る」と発表してから、ビタミンCの効果が注目されました。

野菜、果物にもビタミンCが含まれていますが、昨今の果物、野菜は環境問題、土壌問題、など、昔に比べ、栄養価が落ちている事は存じていると思います。

一説によりますと、ビタミンCを野菜、果物からのみで必要量を摂取するには、バケツ単位で摂取しなくてならないほど、現在の野菜、果物の栄養価は低下していると言われております。

ビタミンCの働き

ビタミンCは、体の中でおこるほとんどの生化学反応に関わっています。
例えば、アミノ酸の代謝、ホルモンの代謝、コレストロール、、脂肪酸の代謝、体内の毒物の代謝(デトックス)、ガン抑制作用など幅広く活躍する栄養素です。

これだけ、体に必要な栄養素にも関わらず、ビタミンCは体内で合成されないので、外部から摂取する大切さが分かると思います。

ビタミンCはこんな人にオススメ!

・肌荒れ
・風邪をひきやすい
・喫煙者
・アルコール多飲者
・ストレスが多い
・ガン予防
・貧血

ビタミンCの補給方法と1日の摂取量基準

成人男女 100㎎/日

ビタミンCサプリメントの選び方!

1日の摂取基準を把握したうえでサプリメント選びを行いましょう。

ただ、ビタミンCサプリは大量に摂取すると下痢になりやすくなる事もございます。実際にビタミンCサプリを飲んで下痢になりやすい、お腹を壊しやすい方は、エスターCというお腹にやさしいビタミンCをお勧めしています。

1日に分けて飲む事が面倒な方には、サプリメント専門店には見かけますが「タイムリリース」加工をされているサプリメントがいいと思います。

【スポンサードリンク】


3:37 PM ビタミンCの働きや効果と1日の摂取基準量は? はコメントを受け付けていません。 ビタミン