ビオチンの働きや効果と1日の摂取基準量は?

ビオチンは皮膚炎を予防する成分として発見された水溶性のビタミンでビタミンB群に含まれます。ビオチンをビタミンHと呼ぶこともございますが、当初は、この2つのビタミンが別ものだと考えられていたからです。

ビオチンの効能として、皮膚炎や髪の健康に欠かせない栄養素として有名ですが、無気力やうつ症状にも有効なビタミンなのです。

このページでは、ビタミンB群の一種であります、ビオチンの働き、効能、補給方法をサプリメントアドバイザーが解説しています。

【スポンサードリンク】



ビオチンの働き

・糖質、脂質の代謝

・皮膚や粘膜の健康維持に欠かせませんが、ビタミンA、B2、ナイアシン、B6の協力が必要

・たんぱく質の代謝

ビオチンはこんな人にオススメ!

・白髪、薄毛が気になる
・肌荒れ、湿疹が出来やすくなった
・味覚障害
・結膜炎
・けいれん
・食欲不振
・吐き気、嘔吐
・疲労
・筋肉痛
・舌炎
・無気力、うつ症状
・血糖値が気になる方
・アトピーや花粉症アレルギーの方
・代謝機能が落ちている方
・普段から生卵を沢山食べる習慣の方


(生卵を沢山食べる方は、生卵の卵白成分とビオチンが結合することで、ビオチンの吸収を妨げやすくなります。)

ビオチンの補給方法と1日の摂取量基準

摂取される前に、1日の摂取基準を知って頂きましょう!摂取基準が設けられていますが、水溶性のビタミンのため、多量に摂取しても、速やかに尿中に排泄されますので、過剰症の心配はございません。

・成人男女:50μg/日

ビオチンは腸内細菌でも合成されますが、食品(鶏レバー、落花生、鶏卵など)から摂取するほか、偏食習慣や生活習慣病の予防などの目的であれば、ビタミンB群のマルチビタミンサプリメントを摂取することが大切です。

水溶性のビタミンですので、毎日の摂取が大切でございます。

【スポンサードリンク】


1:30 PM ビオチンの働きや効果と1日の摂取基準量は? はコメントを受け付けていません。 ビタミン