ビタミンB12の働きや効果と1日の摂取基準量は?

ビタミンB12は悪性貧血を予防することから発見された水溶性のビタミン。

別名を赤いビタミンとも呼ばれ、葉酸と協力し赤血球の産出を行ったり、葉酸の再利用を助けたり、神経細胞内の核酸やタンパク質を合成、修復する役目を行っています。

特に貧血が多い女性の方、妊婦、授乳婦の方は葉酸と一緒にビタミンB12を摂取して頂く事をオススメします。

このページでは、ビタミンB群の一種であります、ビタミンB12の働き、効能、補給方法をサプリメントアドバイザーが解説しています。

【スポンサードリンク】


ビタミンB12の働きの働き

・葉酸とともに赤血球のヘモグロビンを合成

・神経細胞内の核酸やタンパク質を合成

・時差ぼけなどのバイオリズムの回復にも有効

こんな人にオススメ!

・悪性貧血

・神経過敏

・記憶力、集中力の低下

・舌炎になりやすい

・動悸、息切れのある人

・妊婦、授乳婦

・野菜中心の食事をされている方

・時差ぼけを解消したい

・高齢者、胃酸の分泌が低い

ビタミンB12の補給方法と1日の摂取量基準

・成人男女:2.4μg/日 0.0000024g

普通の食生活をされている方の不足をすることはございません。特にレバーの多く含まれています。ただし、ベジタリアンの方、吸収力が低下している高齢者はサプリメントの補給がオススメです。

サプリメントで補給する場合は、ビタミンB群のマルチビタミンタイプのサプリメントを習慣に摂取することをオススメします。

サプリメントで始める場合は、まずは3ヶ月続ける事が必要です。

【スポンサードリンク】


2:08 PM ビタミンB12の働きや効果と1日の摂取基準量は? はコメントを受け付けていません。 ビタミン