ビタミンB2の働きや効果と1日の摂取基準量は?

ビタミンB2は、レバーやウナギ、乳製品に多く含まれる水溶性のビタミンで、ビタミンB群の仲間でございます。特に、成長促進作用を持つことで、成長期のお子様にも有効な栄養素です。

腸内細菌でも体内で合成されますが、偏食やジャンクフードなど和食離れの方には不足気味の栄養素として挙げられます。

このページでは、ビタミンB群の一種であります、ビタミンB2の働き、効能、補給方法をサプリメントアドバイザーが解説しています。

【スポンサードリンク】


ビタミンB2の働き

・成長促進作用

・脂質、糖質の代謝(ダイエットに有効)

・健康な皮膚、髪、爪をつくる

・粘膜を保護

・抗酸化作用(体内の酸化を防ぐ)

・細胞の再生やエネルギーの代謝を助ける

成長促進作用の他、皮膚、粘膜の発育、機能維持との深いかかわりを持っています。さらに、抗酸化作用があり、ビタミンC、Eと同様に、過酸化脂質の分解作用を持つので、ダイエットやコレストロール解消にも有効と言えるビタミンです。

こんな人は不足しやすい!!

ビタミンB2が不足しますと、唇、舌、目などの粘膜にトラブルが起きやすいです。特に成長期の子供の場合、成長が止まってしまうこともございます。特に、ジャンクフードやファストフードなどの脂質が多い食品をメインに食べられている方は、ビタミンB2は不足しやすいです。

こんな人にオススメ!

・口内炎、舌炎、口唇炎になりやすい

・動脈硬化予防

・白内障予防

・糖尿病

・脂肪肝

・眼精疲労

・脂肪の摂取が多い

・肌荒れ、髪がパサつきやすい

・ストレスが多い

・ダイエットしたい

・妊婦、授乳婦

特に、和食離れが進んんでいる現在に必要な栄養素であります。日ごろから、付き合いや時間短縮のため、偏食で済まされている方は積極的に摂取していただきたいです。

ビタミンB2の補給方法と1日の摂取量基準

補給される前に、1日の摂取基準を知って頂きましょう!摂取基準が設けられていますが、水溶性のビタミンのため、多量に摂取しても、速やかに尿中に排泄されますので、過剰症の心配はございません。

・成人男性:1.3~1.6mg/日

・成人女性:1.0~1.2mg /日

ビタミンB2には、豚、牛、鶏レバー、アーモンド、モロヘイヤなどに多く含まれています。ただ、熱に弱かったり、煮汁で流されてしまったりするケースもございます。生活習慣病予防や体質改善の目的である場合は、ビタミンB群のサプリメントから摂取することをオススメします。

【スポンサードリンク】


12:52 PM ビタミンB2の働きや効果と1日の摂取基準量は? はコメントを受け付けていません。 ビタミン