ビタミンB12の3つの働き!摂取方法!

ビタミンB6の働き

 

ビタミンB12は悪性貧血を予防することから発見された水溶性のビタミンです。

 

 

別名を赤いビタミンとも呼ばれ、葉酸と協力し赤血球の産出を行ったり、葉酸の再利用を助けたり、神経細胞内の核酸やタンパク質を合成、修復する役目を行っています。

 

 

特に貧血が多い女性の方、妊婦、授乳婦の方は葉酸と一緒にビタミンB12を摂取して頂く事が必須になります。

 

 

こちらでは、ビタミンB群の一種である、ビタミンB12の働き、摂取方法をサプリメントアドバイザーが解説しています。

 

【スポンサードリンク】

 

ビタミンB12の3つの働き

 

ビタミンB12の働き

 

  • 葉酸とともに赤血球のヘモグロビンを合成
  • 神経細胞内の核酸やタンパク質を合成
  • 時差ぼけなどのバイオリズムの回復にも有効

 

ビタミンB12はこんな人にオススメ!

 

ビタミンB12の働き

 

  • 悪性貧血
  • 神経過敏
  • 記憶力、集中力の低下が気になる
  • 舌炎になりやすい
  • 動悸、息切れのある人
  • 妊婦、授乳婦
  • 野菜中心の食事をされている方
  • 時差ぼけを解消したい
  • 高齢者、胃酸の分泌が低い

 

ビタミンB12の摂取方法

 

 

補給される前に、1日の摂取基準を知って頂きましょう!


 

 

成人男女:2.4μg/日

 

※妊婦、授乳婦に関しては、+0.8位が目安です。

 

普通の食生活をしている方は不足する心配はありませんが、ベジタリアンのl方は不足する可能性があります。

 

サプリメントで補給される際は、ビタミンB群のマルチビタミンタイプのサプリメントがオススメです。

 

【スポンサードリンク】