ビタミンB2の6つの働き!摂取方法!

アントシアニン効果

 

ビタミンB2は、レバーやウナギ、乳製品に多く含まれる水溶性のビタミンで、ビタミンB群の仲間です。

 

成長促進作用がありますので、成長期のお子様にも有効な栄養素です。

 

ビタミンB2は体内でも微量に合成はされますが、普段から、ジャンクフードや偏食習慣、和食離れの方は不足している栄養素です。

 

こちらでは、ビタミンB2の働き、摂取方法をサプリメントアドバイザーが解説しています。

 

【スポンサードリンク】

 

ビタミンB2の6つの働き

 

アントシアニン効果

 

  1. 成長促進作用
  2. 脂質、糖質の代謝(ダイエットに有効)
  3. 健康な皮膚、髪、爪をつくる
  4. 粘膜を保護
  5. 抗酸化作用(体内のサビ化を防ぐ)
  6. 細胞の再生やエネルギーの代謝を助ける

 

 

さらに、ビタミンB2は抗酸化作用がございます。

 

 

ビタミンC、Eと同様に、過酸化脂質の分解作用を持つので、ダイエットやコレストロール解消にも有効と言えるビタミンです。

 

 

こんな人は不足しやすい!!

 

 

ビタミンB2働き

 

普段から偏食習慣やジャンクフードなど脂質が多い食品をメインにされている方は、ビタミンB2が不足しやすいです。

 

不足してしまうと、唇、舌、目などの粘膜にトラブルが起きやすいです。

 

 

ビタミンB2はこんな人にオススメ!

 

ビタミンB2働き

 

  1. お腹周りの脂肪が多い
  2. 脂肪の摂取が多い
  3. 口内炎、舌炎、口唇炎になりやすい
  4. 動脈硬化予防
  5. 白内障予防
  6. 糖尿病予防
  7. 脂肪肝予防
  8. 眼精疲労予防
  9. 肌荒れ、髪がパサつきやすい
  10. ストレスが多い
  11. 妊婦、授乳婦

 

特に偏食習慣がビタミンB2の不足を招きます。

 

ビタミンB2の摂取方法

 

 

補給される前に、1日の摂取基準を知っておきましょう。


 

成人男性:1.3〜1.6mg/日

 

成人女性:1.0〜1.2mg /日

 

摂取基準が設けられていますが、水溶性のビタミンのため、過剰に摂取しても、速やかに尿中に排泄されますので副作用の心配はありません。

 

ビタミンB2を豊富に含む食品

 

ビタミンB2には、豚、牛、鶏レバー、アーモンド、モロヘイヤなどに多く含まれています。

 

しかし、普段から付き合いなどで偏食習慣が続いてしまう方は、ビタミンB2を含む、マルチビタミンをサプリメントから摂取することもありです。

 

ただ、ベースとしては、サプリメントに頼らないで、で栄養バランスがとれた、和食中心を積極的に食べましょう。

 

【スポンサードリンク】