ビタミンB群の働き!摂取方法!

パントテン酸の働き

 

ビタミンB群は、B1、B2、ナイアシン、B6、葉酸、B12、ビオチン、パントテン酸の8つのビタミンまとめたビタミン群を言います。

 

 

共通する事はいずれも水溶性ビタミンである事です。

 

 

ビタミンB群は単体のビタミンで摂取するよりも、ビタミンB群としてまとめて摂取する方が、ビタミンの吸収も高まりお互いのビタミンの相乗効果が高まります。

 

こちらでは、ビタミンB群の働き、摂取方法についてサプリメントアドバイザーが解説します。

 

【スポンサードリンク】

 

ビタミンB群の働き

 

パントテン酸の働き

 

ビタミンB群の各々の働きを解説します。

 

ビタミンB1

脳と神経を正常に働かせる為に使われるビタミン。精製食品、加工食品の摂りすぎによる食習慣が原因で欠乏になりやすいです。欠乏しますと、キレやすい、うつ病、神経炎など招きます。

 

ビタミンB2

脂肪とタンパク質の代謝に関わるビタミン。
高脂肪の食事でどんどんと消費されます。欠乏しますと、肌や脳の老化が早まります。

 

ナイアシン、パントテン酸

自信、抗ストレスのためのビタミン。ストレスが多い方、ストレスに弱い方に必須ビタミン。

 

ビタミンB6

タンパク質の形成、性欲増進、毒物解毒作用、精神安定とさまざまな働きに関わります。
特に食品添加物を含む食材ばかり食すと消費しやすく、欠乏しますと、脂肪肝、動脈硬化、就寝時に脚がつるといった症状がでます。

 

ビタミンB12

赤血球の形成と再生を促し、細胞の代謝を促進しているビタミン。
特にダイエットをされている方、胃の手術をされた方には絶対的に不足するビタミンで、欠乏しますと、脳障害、老人ボケなどの脳や神経の老化を早めてしまいます。

 

ビオチン

糖質、脂質、タンパク質の代謝を促進

 

葉酸

赤血球のヘモグロビン便や細胞を合成し、発育を促す。

 

ビタミンB群の摂取方法

 

パントテン酸の働き

 

普段から和食など栄養バランスを意識された食生活を過ごされている方は、不足することはありません。

 

ただ、喫煙、アルコール習慣、偏食や不規則習慣、ストレスが加わってしまうと、ビタミンB群は不足になります。

 

パントテン酸の働き

 

ビタミンB群は水溶性ビタミンですので、1日だけとか、たまに大量に摂取しても2〜3時間後には体外に排泄されてしまいます。

 

常にビタミンB群を体内に蓄えておくには、朝、昼、晩と栄養バランスがとれた食生活をすることが必要です。

 

 

ビタミンB群が不足すると・・・

 

 

ビタミンB群が慢性的に不足しますと、イライラしたり、風邪っぽくなったり、ダイエットされている方は代謝が低下したりとデメリットはたくさんあります。

 

ビタミンB群の働き

 

ビタミンB群の摂取は食べ物が基本となりますが、付き合いなどどうしても難しい方は、ビタミンB群のサプリメントを日ごろから摂取するだけでも全く違います。

 

とくに、最近、気持ちが晴れない、風邪っぽい、疲れが抜けない方は一度、ビタミンB群が配合されたマルチサプリメントを摂取してみてはいかがでしょうか?

 

【スポンサードリンク】