微量元素記事一覧

コバルトは骨髄での造血に欠かせないミネラルです。ビタミンB12の構成成分として存在します。ビタミンB12を摂取していれば、自然とコバルトも摂取できていることになります。こちらでは、微量元素であるコバルトの6つの働き、摂取方法をサプリメントアドバイザーが解説しています。【スポンサードリンク】コバルトの6つの働きビタミンB12の構成成分造血に働く悪性貧血防止神経の働きを正常に保つ赤血球、血色素の生成を...

モリブデンは肝臓や腎臓で、硝酸や亜硫酸還元酵素、アセトアルデヒド酸化酵素などの、いくつかの酵素の働きを助けている微量元素です。通常の食生活をしていれば、欠乏症になるケースはございませんが、まれに不足してしまうと、頻脈、頭痛、夜盲症などの症状が見られるようになります。こちらでは、モリブデンの5つの働きや摂取方法についてサプリメントアドバイザーが解説しています。【スポンサードリンク】モリブデンの5つの...

マンガンは、肝臓、すい臓、毛髪に多く存在するミネラルです。マンガンの大量摂取が有害とされていますが、微量のマンガンは必要不可欠の成分です。こちらでは、マンガンの6つの働きや摂取方法、1日の摂取量をサプリメントアドバイザーが解説しています。【スポンサードリンク】マンガンの6つの働き細胞の活力を高めるタンパク質の合成やエネルギー作りに関与細胞の表面を保護骨の形成、肝臓や骨の酵素作用を活性化疲労、イライ...

セレンは抗酸化作用として重要なミネラルです。セレンはアメリカの前立腺ガンの予防効果も確認され、現在でも、抗ガン作用があるミネラル錠剤として販売されています。ビタミンEと併用することで、心臓病にも効果がある報告もございます。セレンは主にサプリメントで摂取される方が多いので、こちらのページでは、セレンの5つの働き、1日の摂取量をご紹介しています。セレンの1日の摂取量が分かることで、失敗しないサプリメン...

銅は、ヘモグロビン合成、正常な造骨作用に不可欠なミネラルで、肝臓や脳に多く分布しています。また、鉄と相互に作用する性質があるので、銅が不足してしまうと貧血になる場合もございます。 そのため、鉄欠乏症貧血の治療の際には、鉄とともに、微量の銅が配合されるのです。銅は吸収されるとタンパク質と結合し、尿中へは排泄されず、糞中に排泄されます。 こちらでは、銅の6つの働き、1日の摂取量をサプリメントアドバイザ...

亜鉛は筋肉、皮膚、ガラス体、前立腺、肝臓に多く分布しているミネラルです。 亜鉛は十二指腸から吸収され、肝臓と骨中に貯蔵されており、糞中と尿中へ排出されます。吸収率は年齢とともに低下し失われやすい栄養素のため、積極的に摂取したいミネラルでございます。こちらのページでは、亜鉛の8つの働き、1日の摂取量をサプリメントアドバイザーが解説しています。【スポンサードリンク】亜鉛の8つの働き核酸、タンパク質の合...

ニッケルは不足になりやすい微量元素(ミネラル)ではありませんが、酸素を構成するなど体内に必須なミネラルです。こちらでは、ニッケルの3つの働きや摂取方法をサプリメントアドバイザーが解説しています。【スポンサードリンク】ニッケルの3つの働き1、尿素の分解を促進 尿素はタンパク質が代謝されるさいに生じる物質です。不要となった尿素は有害なアンモニアとなり、アンモニアは肝臓の肝細胞に存在する「尿素回路」とい...

リチウムはホルモンバランスや成長過程でビタミン同様に必要とするミネラルです。こちらでは、リチウムの4つの働きや摂取方法をサプリメントアドバイザーが解説しています。【スポンサードリンク】リチウムの4つの働き白血球の増加作用血圧降下作用生体リズムの調整自律神経、不随意神経の機能に関与自律神経組織や不随意神経の機能に関わることから、急性うつ病や躁うつ病の治療にも使用されています。 リチウムの摂取方法リチ...

クロムはインスリンの作用を手助けする役割を担っています。インスリンとは、ブドウ糖を細胞内に取り込んで、エネルギー源に変換したり、血中のブドウ糖量を調節し、血糖値を保つ働きをします。ただ、普段から暴飲暴食の過多、炭水化物を過剰に摂取している方は不足になりやすいミネラルです。こちらでは、クロムの4つの働きや摂取方法をサプリメントアドバイザーが解説しています。【スポンサードリンク】クロムの4つの働き血糖...

ヨウ素は成人の基礎代謝、アドレナリン、成長ホルモンに関わっている重要なミネラルです。 ヨウ素が注目されたのは2011年の東日本大震災の福島の原発放射能事故です。放射能を被曝すると、甲状腺ガンの危険が高くなるということから、一時、福島では無料でヨウ素のサプリメントが配布されていました。ヨウ素は体内に15〜20mg程度含まれ、その大半が甲状腺に存在しています。こちらでは、ヨウ素の6つの働きや摂取方法を...

特に女性に多く見られる鉄不足!鉄が不足する原因は、生理、偏食習慣、過度のダイエットなども原因で鉄不足を生んでしまいます。鉄不足になりますと、代表的な症状は「貧血」貧血は血液の量が減るのが原因ではなく、血液中に赤血球やヘモグロビンが不足する事が原因で、それらも含め全て鉄が絡んでいるのです。こちらでは、鉄の3つの働きや1日の摂取量をサプリメントアドバイザーが解説しています。【スポンサードリンク】鉄の3...