コリンの7つの働き!

コリンの働き

 

 

コリンは体内で合成されるビタミンに似た働きを持つ物質「ビタミン様物質」で、ビタミンB群の仲間です。

 

 

血管を拡張させ、血圧を下げるアセチルコリンの材料になります。

 

 

 

また、細胞膜などの生体膜、脳や神経組織を構成するリン脂質である、レシチンをつくります。

 

 

こちらのページでは、コリンの7つの働き、摂取方法をサプリメントアドバイザーが解説しています。

 

 

【スポンサードリンク】

 

コリンの7つの働き

 

コリンの働き

 

  1. 血管を拡張させる作用を持つ、アセチルコリンをつくる
  2. 血管を拡張することで、血圧低下
  3. 血管壁のコレストロールの沈着を防ぐ
  4. 肝臓に脂肪がたまらないように働くレシチンをつくる
  5. レシチンをつくることで、脂肪肝、動脈硬化の予防
  6. 脳の記憶形成を促進
  7. コレストロール値を正常に保つ

 

 

コリンはこんな人にオススメ!

 

コリンの働き

 

  • ジャンクフードやファストフードをよく食べる
  • 飲酒習慣の方
  • 脂肪肝、肝硬変の予防
  • 動脈硬化、血圧といった生活習慣病予防
  • スポーツ、肉体労働で疲労軽減
  • 乳幼児(補助栄養として)
  • 成長期の子供

 

上記の習慣の方は体内で合成されるコリンでは足りません。

 

コリンの働き

 

コリンは大豆に豊富に含まれていますので、大豆が原料の豆腐、味噌汁、納豆など積極的に摂取しましょう。

 

コリンの摂取方法

 

コリンの摂取量は日本では目安量は設定されていませんが、アメリカでは3,500rとなります。

 

コリンは水溶性の為、万が一過剰に摂取しても体外に排泄されるので問題ないとされています。

 

 

【スポンサードリンク】