ビタミンPの7つの働き!摂取方法!

コリンの働き

 

 

ビタミンPは別名「ヘスペリジン」とも呼ばれています。

 

 

サプリメントの成分などで、ビタミンPが見当たらない場合は、「ヘスペリジン」で探されてみて下さい。

 

 

 

ビタミンPはフラボノイドの混合物です。

 

 

 

ビタミンPは、毛細血管の透過性を抑えたり、血管壁を強化といった、さまざまな働きを持っており、特に、乱れた生活習慣を長年繰り返している方こそオススメの栄養素!

 

 

 

こちらでは、ビタミンP(ヘスペリジン)の7つの働き、摂取方法についてサプリメントアドバイザーが詳しく解説しています。

 

【スポンサードリンク】

 

ビタミンPの7つの働き

 

コリンの働き

 

  1. ビタミンCの作用を促進する
  2. 毛細血管の透過性を保つ
  3. 血管壁を強化
  4. 毛細血管の柔軟性
  5. 血液降下作用
  6. 強い抗酸化作用
  7. ビタミンCの酸化も防ぐ

 

ビタミンPはこんな人にオススメ!

 

コリンの働き

 

  • 更年期のほてりが気になる女性
  • 打ち身による青あざができやすい
  • 疲れが抜けない
  • きり傷が治りにくい
  • 歯茎からの出血が止まらない
  • 高血圧、動脈硬化予防
  • 脳出血の予防
  • キレ痔が治らない

 

ビタミンPの摂取方法

 

ビタミンPは単独で摂取されるよりも、ビタミンCと一緒に摂取することがベストです。

 

摂取基準は特に設定はされていませんが、1日に20〜100mgが理想的とされています。

 

コリンの働き

 

コリンの働き

ただ、飲酒、喫煙をされている方は排泄されやすい栄養素ですので、毎食後に摂取することがオススメです。

 

ビタミンPは、食品からでも摂取でき、ミカン、オレンジ、グレープフルーツなどにも多く含まれていますので、日ごろから積極的に摂取したいですね。

 

【スポンサードリンク】