イノシトール 効果

イノシトールの効果|効果的な飲むタイミングや1日の摂取量とは?

イノシトール 効果

 

イノシトールはビタミンの働きに似た、「ビタミン様物質」です。

 

ビタミンは体内で合成されませんが、イノシトールは体内でも合成され、ビタミンの働きに近いのでビタミン様物質と言われています。

 

 

イノシトールは、神経細胞の膜に多く含まれており、神経機能を正しく保ったり、脂肪肝や肝硬変といった脂肪やコレストロールの流れをよくする働きをします。


 

とくに、最近では、ポッコリお腹の中年男性に注目ある成分でも有名ですね。

 

こちらでは、イノシトールの効果や飲むタイミング、1日に必要な摂取量など具体的にまとめた記事内容となっています。

 

【スポンサードリンク】

 

イノシトールの期待できる効果とは?

 

イノシトール 効果

 

イノシトールは、シツコイ脂肪やコレストロールの流れをよくし、動脈硬化や脂肪肝の予防をします。

 

さらに、メタボ体質の方の特徴は、気分の浮き沈みが大きい、抜け毛が多い、湿疹が出来やすい共通点があるみたいです。

 

イノシトールは、メタボに共通した症状も改善してくれる効果が期待できます。

 

では、このような効果が期待できる1日の具体的な摂取量を見ていきましょう。

 

イノシトールの1日の必要摂取基準や副作用の心配は?

 

イノシトール 効果

 

イノシトールの効果的な摂取基準は1日⇒250〜500r

 

ただ、糖尿病を患っている方は、この倍の摂取量が必要です。

 

イノシトールの副作用の心配は?

 

イノシトールは水溶性のため、過剰に摂取しても問題はありません。
ただし、妊娠中や授乳中の方の過剰摂取は、十分な報告がないので注意が必要です。

 

ただ、1つだけ注意点が!

 

イノシトールにはフィチン酸が含まれています。

 

イノシトール 効果

フィチン酸は、カルシウム、亜鉛、鉄などのミネラルの吸収を妨げる働きがありますので、イノシトールを摂取する際には、頭の片隅に入れといてください。

 

それでは、イノシトールが豊富な食品を見ていきましょう。

 

【スポンサードリンク】

 

イノシトールが多い食品ランキング

 

こちらでは、イノシトールが多い食品をランキング形式にしました。
食品100gに対してのイノシトール含有量となります。

 

小麦胚芽 1,120r

 

グリーンピース 280r

 

アーモンド 278r

 

えんどう豆 235r

 

オレンジ 208r

 

グレープフルーツ 199r

 

その他の食品では、さつまいも、トマト、アスパラガス、じゃがいも、桃、スイカ、梨

 

イノシトール 効果

ただ、イノシトールを摂取する対象者の大半がカロリーを制限しないといけない方がほとんどですので、イノシトールをしっかり摂取するには、イノシトールをピンポイントに摂取できるサプリメントの摂取が効果的です。

 

イノシトールのオススメサプリメントは?

 

イノシトールのサプリメントはさまざまなメーカーで販売されています。
選ぶポイントは、1日の摂取量最低でも250〜500r以上摂取できるイノシトールサプリメントを選ぶ必要があります。

 

そこで、オススメのサプリメントこちら

 

イノシトール 効果
>>NOW社のイノシトールカプセル500r

 

名前から言う通り、1カプセルでイノシトールが500r摂取できます。
100粒入っているので、3ヶ月以上持ちます。
1日あたり、約10円程度とコスパも最高です。

 

国産のイノシトールサプリメントで、1粒500r摂取でき、1日約10円程度で始められるサプリは正直ないと思います。

 

【スポンサードリンク】
page top