レシチン 効果

レシチンの効果とは?摂取量と摂取タイミングを解説!

レシチン 効果

 

最近、お腹がポッコリしてきた・・・

 

振り返って見れば、ここ数年、外食が多い、偏食習慣が続いている、腹八分目以上食べる習慣が当たり前に・・・

 

そんな人に、習慣に摂取していただきたい栄養素レシチンです。

 

こちらでは、ポッコリお腹が気になる方に向けてレシチンの効果、摂取量、摂取方法についてまとめた記事内容となっております。

 

この記事を読むことで、健康診断で引っかかることなく、ポッコリお腹も徐々に解消してきます。

 

【スポンサードリンク】

 

レシチンとは?

 

レシチン 効果

 

レシチンは、脂質の一種で、大豆や卵に多く含まれています。

 

肝臓をはじめ、細胞膜の働きを高まる作用があります。

 

肝臓の働きや細胞膜の働きが高まることで、脂肪を分解する作用も高まり、肝臓内に脂肪が溜まりにくくなる作用が働きます。

 

レシチンは脂質ですが、本来溶けあわない水と脂肪を混ぜ合わせると乳化作用があると言われています。

 

この働きが、細胞や血管につまったコレストロールを溶かして排出する作用があります。

 

さらに、レシチンの成分には、ビタミンB群、コリン、イノシトールが含まれ、中性脂肪、コレストロールを低下してくれます。

 

レシチンは、脂肪が溜まりやすい中高年の方には必須成分なんですね。

 

レシチンの効果的な摂取量

 

レシチン 効果

 

成人が1日に必要とされるレシチンの摂取量は、1,000〜5,000rと言われています。

 

とくに、ポッコリお腹の方、脂肪肝、肝機能障害、肝細胞に異常がある方は、5,000rの摂取量が理想的です。

 

ただ、5,000rのレシチンの摂取量を食事から摂取するとなると、乾燥大豆300gほどの量と言われています。

 

大さじで約20杯分となりますので、現実的ではございません。

 

これを無理なく摂取できるのがサプリメントです。

 

【スポンサードリンク】

 

レシチンのオススメサプリと効果的な摂取タイミングは?

 

レシチン 効果
>>NOW社のレシチン1200r

 

NOW社のレシチン1200rは、吸収が早いソフトジェルタイプのサプリとなります。

 

1粒に1200rのレシチンが配合され、1日に3〜6粒の摂取目安となっています。

 

 

ソフトジェルタイプのサプリですので、蓋を開けた際に匂いは気になりますが、遺伝子組み換えでない大豆を使用しているので製品には問題ないので安心してください。

 

そして、同時にホスファチジルコリン540mg、ホフファチジルエタノールアミン465mg、ホスファチジルイノシトール360mgが摂取できます。(3粒換算)>>詳細はこちら

 

 

ただ、もっと早く改善したい!

 

 

そのような方は、サプリメントではなく、医薬品の「ノチラック」がピッタリです。

 

レシチン 効果

 

成分名にポリエンホスチジルコリンと難しい名前が1,500rと記載していますが、これは、大豆から抽出精製したレシチンの一種で、高コレストロールの改善薬に使用されています。

 

とにかくコレストロール値を早く何とかしたい方は、サプリメントよりか、医薬品のノチラックが実感しやすいです。
医薬品の為、15歳未満の摂取は控えて下さい。>>ノチラック詳細はこちら

 

レシチンの効果的な飲むタイミングは?

 

レシチン 効果

 

これは、どちらも決まったタイミングはありません。

 

ただ、食前よりも食後に摂取する方が吸収が断然早いので、食後に摂取することをオススメします。

 

レシチンは体内に溜まったコレストロールを解消してくれるので、生活習慣病予防にもなります。

 

日頃から食生活の改善が難しいかたほど、積極的に摂取していただきたいですね。

 

【スポンサードリンク】
page top