パントテン酸の3つの働き!摂取方法

パントテン酸働き

 

パントテン酸はビタミンB群の仲間で、水溶性のビタミンです。

 

特に、ストレスが多い、不規則な生活習慣・・・

 

パントテン酸の働き

 

例えば、喫煙、飲酒習慣、偏食習慣を長年続けることで、パントテン酸が不足になりやすくなります。

 

パントテン酸が不足しますと、肥満になりやすく、生活習慣病の発症を招きやすくなります。

 

こちらでは、パントテン酸の働き、摂取方法についてまとめた記事内容をサプリメントアドバイザーが解説しています。

 

【スポンサードリンク】

 

パントテン酸の3つ働き

パントテン酸の働き

 

  1. 糖質、脂質の代謝
  2. 抗ストレスホルモンの副腎皮質ホルモンの合成
  3. 自律神経伝達物質を作る

 

さらに、ビタミンB6や葉酸とともに、免疫力の強化や解毒作用善玉コレストロールを増やす働きもあり、コレストロールが動脈に付着するすることを防ぎ、動脈硬化や心疾患の予防もします。

 

パンチテン酸は腸内細菌によって体内でも合成されていますが、特に下記の方は不足しやすいので積極的に摂取しましょう。

 

パントテン酸はこんな人にオススメ

 

  • 動脈硬化予防
  • 風邪を引きやすい
  • 口内炎になりやすい
  • ストレスが多い
  • 食欲が無い、胃弱体質
  • 髪につやがない
  • 妊婦、授乳婦
  • 抗生物質を服用している
  • 手足がしびれやすい

 

パントテン酸の摂取方法

 

 

摂取される前に、1日の摂取基準を知って頂きましょう!


 

成人男性:5〜6mg/日

 

成人女性:5mg/日

 

パントテン酸を摂取するポイント!

 

パントテン酸を補給する場合は、単発で摂取するよりも、ビタミンB群まとめて摂取された方が、相乗効果が期待できます。

 

 

 

パントテン酸は鶏レバー、納豆、アボカド、サツマイモなどにも含まれています。

 

ただ、体調が優れない方は、パントテン酸が配合されているビタミンB群のサプリメントで摂取することをオススメします。

 

サプリメントで選ぶ際は、ビタミンC,ビタミンEも同時に配合配合されていると、ストレス軽減につながります。

 

【スポンサードリンク】