ビタミンB1の5つの働き!摂取方法!

アントシアニン効果

 

ビタミンB1は摂取した糖質をエネルギーに変換してくれる重要なビタミンです。

 

この働きが機能する事で、疲れの物質「乳酸」を解消してくれたり、脳、中枢神経、手足の末梢神経を正常に保ったり、心臓機能を正したり、精神を安定させてくれたりと、働きは幅広いです。

 

アントシアニン効果

 

ただ、食事が欧米化している現在、ビタミンB1は不足しがちな栄養素と言われています。

 

お菓子、清涼飲料水、インスタント食品、ジャンクフード、お酒などこれらの食品は糖質が多いことが共通しています。

 

長年の糖質の過剰摂取が、ビタミンB1の不足を招きます。

 

糖質過剰摂取は、血糖値上昇や脂肪化が進み、メタボリックシンドロームが典型的となります。

 

こちらでは、ビタミンB1の働き、摂取方法をサプリメントアドバイザーが解説します。

 

【スポンサードリンク】

 

ビタミンB1の5つの働き

 

アントシアニン効果

 

  1. 脳や神経のエネルギーの源となる「精神安定、集中力が増す」
  2. 心臓機能を正す
  3. 消化液の分泌が促進し食欲増進
  4. やる気が起きる「気持ちが前向きになる」
  5. 成長を促す

 

日本人の主食はお米ですが、お米は炭水化物で、分解される過程から糖質に変換されます。
その糖質をエネルギーに変換してくれる栄養素がビタミンB1です。

 

ビタミンB1が不足すると?

 

アントシアニン効果

 

糖質をエネルギーに変換することが出来なく、そのまま糖質は脂肪に変換されたり、血糖値が上がったりと、糖尿病発症も避けられません。

 

ビタミンB1は こんな人にオススメ!

 

アントシアニン効果

 

  • 疲労が回復しにくい
  • 気持ちが冴えない
  • 何かイライラする
  • 肩こりや腰痛
  • 血糖値が気になる、糖尿病予防
  • 免疫力の低下、風邪をひきやすい
  • 胃炎になりやすい
  • 「うつ」になりやすい

 

ビタミンB1の摂取方法

 

 

摂取される前に、1日の摂取基準を知って頂きましょう!


 

成人男性:1.2〜1.4mg/日

 

成人女性:0.9〜1.1mg/日

 

ビタミンB1は水溶性のビタミンのため、尿中に排泄されます。
よって、過剰摂取についての悪影響はございません。

 

ビタミンB1を豊富に含む食材

 

ビタミンB1は、レバー、豚肉、豆類に豊富に含まれています。

 

しかし、普段から付き合いで食生活が偏食になってしまう方は、ビタミンB群が配合されたマルチビタミンなどのサプリメントを摂取する方法もありです。

 

アントシアニン効果

 

ただ、ベースとしては、サプリメントに頼らないで、で栄養バランスがとれた、和食中心を積極的に食べましょう。

 

【スポンサードリンク】